エテルどんな商標は良い_chloeサム財布,エテル着払い|オンラインで購入するエテル価格 Vítejte


2015-02-05 16:02    エテル
 ケアルはにっこり微笑んだ。 「じゃあ、ふたり……いや三人、飛んできてもらおう。上空を旋回して二隻の船をよく観察するだけでいいと、必ず念をおすのを忘れないように」  かしこまりました、と一礼した家令が早速、執務室から走り出ていく。一方、役目を終えたマティン領の伝令は、ケアルのねぎらいの言葉に複雑な表情を浮かべ、退出していった。 「顔から火がでるほど恥ずかしかったぞ」  一息つくとケアルは、残った家令たちに顔をしかめてみせた。 「他領の伝令の前で、自領の領主を褒めちぎるなんて」  家令たちは互いに顔を見合わせた。 「こんな時でもないことには、若領主を持ち上げられませんからな」 「それにほら、やり手の若領主のおかげで我々は仕事が増えて増えて——」 「そうです。たまにはこうして、発散しませんとね」  若い伝令たちが帰ってきたのは、あたりが暮れはじめた頃だった。  ケアルはちょうどマリナや離乳食を口にできるようになった子供たちと、早めの夕食の席をかこんでいた。伝令が戻ったとの知らせに席を中座しようとしたところ、 「あら。皆さん、お腹が空いていらっしゃると思うわ。若い方たちなのでしょう?」  というマリナのひとことで、三人の若い伝令たちも共に席につくことになった。  いきなり領主の夕食に招かれた伝令たちは緊張した様子で、飲み物を口に運ぶだけの動作さえもぎこちなかった。しかしマリナが子供たちの世話を乳母にまかせ、愛想よくかれらに飲み物などをすすめるうちに、若者たちの緊張もほぐれてきた。  若者らしい旺盛な食欲を発揮し、腹がある程度満たされると、マリナが手ずからお茶をいれてくれた。