どのように加盟コーチ長財布ピンクハート_ミュ ウミ ュウ 財布 激安|コーチ長財布ピンクハート実体の店|コーチ長財布ピンクハート専門店 Vítejte


2015-02-05 15:46    コーチ長財布ピンクハート
 別にこのカゲヌシに餌《えさ》をやるつもりだったわけではない。あくまで葉を助けるため、葉が助けようとしているカゲヌシに取りつかれている人間を助けるためだった。そう言おうとした時、「黒の彼方」の下でアブサロムの死体がぴくりと動いた。裕生は文字通り飛び上がりそうになった。 「……生きてる?」 「司令塔が失われていますからそう長くは保《も》ちませんが、しばらくは活動しています。カゲヌシの細胞は人間などと違って、もともと独立性と汎用性《はんようせい》が高い。だからこそ形態が変化しても生きられる」 「黒の彼方《かなた》」は死体を口の中に入れてはいるが、よく見ると咀嚼《そしゃく》はしていない。口の中に押しこまれるたびに、全身に波のような震《ふる》えが広がるだけだった。多分《たぶん》、動物のような内臓《ないぞう》があるわけではないのだろう。そういえば、ヒトリムシと戦った時にも、相手の体を全身の毛を使って取りこんでいた。  アブサロムの方も、体はバラバラの状態でも血液はほとんど流れていない。こちらの世界の生き物のように、心臓を使って血液を循環《じゅんかん》させているわけではないのだ。 「後であの天内《あまうち》茜《あかね》に、鳥を出すよう言ってもらえますか。彼女の影《かげ》の中にボルガが戻ってしまいましたので」 「……戻った?」 「わたしはボルガに致命傷を与えましたが、取りこむ暇まではなかった。カゲヌシが意識《いしき》を失った場合、時間が経《た》つと自動的に『契約者』の影に戻ってしまいますからね」  葉《よう》の口を借りた「黒の彼方」は得々と説明している。裕生は不快感を隠《かく》せなかった。自分が協力することが、まるで当然のような態度だった。 (……でも、さっきはぼくを助けた)  自分は人間を殺さない、とさっきは言っていた。どこまで信じていい話なのだろう。 「アブサロムの本体は?」  と、裕生《ひろお》は言った。天内茜がボルガと一緒《いっしょ》にいたのは、自分の家族の敵《かたき》を討《う》つためだ。カゲヌシを倒したところで、本質的な解決にはなっていない。  答えはなかった。しばらく間が開いてから、葉が言った。 「……後で探しましょう。わたしが引き受けます」 「黒の彼方」は顔も上げずにカゲヌシを食っている。残っているのはわずかな胴体と、例の左腕の部分だけだった。一気に食べてしまおうとしているのは、おそらく放っておけば「契約者」の許《もと》に戻ってしまうからだろう。 「どうしてぼくを助けたんだ?」 「もともとわたしは人間を殺すのは好まない。さっきもそうこのカゲヌシに説明したはずですが?」