ミュウミュウ財布エナメル傷格安2014_長財布ミュウミュウ ミュウミュウ財布エナメル傷包郵価格,ミュウミュウ財布エナメル傷旗艦店 Vítejte


2015-02-05 15:20    ミュウミュウ財布エナメル傷
「それを言われると辛いのです、浅見さんを裏切った挙句があの始末ですからね、実際、あなたに合わす顔がありませんよ」 「じゃあ、その件についてはお互いさまということにしましょう。それに、あの事件のおかげで、僕も踏ん切りがついたということでもあるのですから」 「と、いうと?……」 「じつは、僕はかなり前からひとつの仮説を持っていたんです。まだぼんやりした状態だったし、それにあまりにも莫迦げたことのようにも思えて、野上さんにも話す気になれなかったのですがね。ほら、何回かお話ししたでしょう、『富永隆夫がなぜ危険な相手に無防備に接触したのか、不思議だ——』と。そこにおそらく事件全体の謎を解くカギがあるという予感があったのです。あれ以来、そのことを確かめ、裏付けを取るために東奔西走しまして、ようやく今日、結論を得ました」 「すると、犯人を割り出すことに成功したというのですか」 「ええ、理論的にはね、まだ確証はありませんが、しかし時間の問題でしょう」  浅見は事もなげに言っているが、野上は愕《おどろ》いた。 「本当ですか、本当に第三の人物、つまり、事件の主犯格の人物が判ったのですか」 「そうですよ」 「誰です、それは」 「それはもう少し待ってください。明日になれば、最後の物的証拠もはっきり裏付けが取れるはずですし、万一、それが間違っていないともかぎりませんから」 「そうですか……」  野上はほうっと、大きく吐息をついた。 「そうそう、浅見さんを探していた理由ですが、実は、桐山警部がぜひ一度、浅見さんにお会いして話を聴きたいというのです」 「桐山警部が?……」  浅見は意外そうな顔をした。 「要するに、ここまで事件を解明できたのは浅見さんの功績によるものだから、今後もよろしくということでしょう。そうだ、事件の全容が解明できたということなら、いっそ僕ひとりにでなく、桐山警部にも話したらどうです。いや、捜査会議の席上で大々的にやった方がいいかもしれません」 「ちょっと待ってくださいよ、まだ不確定要素がありますから……」