收藏

ミュ ウミ ュウ 財布 新作2012編集

――バルサさえ、いなければ……。 ふいに、闇をきりさいて、短槍がおそいかかってきた。映画に行った由。
「いいよ」 「でも、折角のお守りですもの、東京から、無事お帰りになってから、いただきましょう」 「俺か?杉田は車を出した。杉田は写真を持った右手を引き、ボクシングのときのジャブの要領で左手をすばやく突き出し、宙に伸びた松原由佳の手首をつかんでいた。」 「そんじゃ、訊くけどな、姉ちゃん。姉さんの気持、わかるわ、おらにも。 エリンは気をとりなおして、答えた。いかがですか」 オウリはぐっと表情《ひょうじょう》を緊張《きんちょう》させて、しばらく黙《だま》っていたが、やがて、しぶしぶとうなずいた。ずっと水夫をやってたんだが、この通り足を痛めてね」 ぽんぽんと叩いてみせた老人の右足は、太股から先がなかった。」 「わしはいいさ。」 「ええ。
」 「ありがとう。」 玉岡昴は頭を抱えて天井を見上げる。この本持って」 その時、栞子さんが口を開いた。地を這《は》わなければ吹きとばされそうになるほどの風速で、しかも滝のように降ってくる雨のために視界はほとんどなかった。 途中、六百メートルほどの平野を横切ったが、この部隊行動が風雨の幕のために今川方からついに見えなかった。単なる融資です」 猪股ははじめて口をきいた。声に力はなかった。さまざまな国を旅してきたバルサには、それが息ぐるしく思えた。〈口なし・耳なしの誓い〉というのは、敵にであった瞬間から、すべての言葉を神にささげることで、神の力をわけてもらえるという信仰からうまれた誓いだ。 「……この部屋は、好きになれん」 いつしかルドヴィコは、無意識にひとりごちていた。
チェチリアは、思慮深い表情で室内を観察している。「やア、君、あすこに焼酎があるよ」と紳士は笑った。刃《やいば》がうちあう音と、叫《さけ》び声《ごえ》がつづく。ピンッと弓弦《ゆんづる》が鳴《な》った音がして、ヒュウゴのうめき声がきこえた。といっても、べつに大した発見があったわけではなく、要するに、それが花にしては妙な動き方をしたからである。テトラポッドは四本脚のコンクリート・ブロックだが、作り方は簡単で、鉄板で|拵《こしら》えた型を何枚か組み合せて、そのなかにコンクリートを流し込めばいい。 「話を聞け!赤いコートの外人とかに覚えはないか?どうせ、〈山の王〉をおそれ、うやまう、頭のかたい老人たちは、もはや、じゃまもできない年齢になっているのだから。
「明日になれば、われわれは、カンバルの新しい歴史をつくりにいくのですから。大地につき立てた刃の、土を蹴《け》る力にのって、垂直に切り上げる一条の剣光は、横ざまに切る「流れ星」よりも、より多く殺傷の可能性をもつ。明け昏れひたすら剣一筋に工夫をこらした。 大木はあっけなく倒れようとする。 また、新しい血が流れる音。前にいればいくら親分でも膝へ吹くわけには行かないだろ」 「そうしてもらおうかな。もし前へ行ったらひどいぞ。いずれ上海《シヤンハイ》辺りの詰換えであろうが、レッテルだけはブラック・アンド・ホワイトと、黒白の荘重な金模様だ。 「そんなら、ゆっくりしなはれ」 野田は云い残して車をガラガラと曳出《ひきだ》していった。まあ、タルの民なんてなぁ、悪霊と親戚みたいなもんだっていうからな。
あんたがいっているのは、たぶん〈川の民〉のことだろう。待て!偽装離婚の真相を吐け、と猛っていたが、彼らが言っていた偽装離婚とはいったい、どういう意味なのか。信長自身、義昭の出馬が政略として成功したとみて戦場からひきさがらせたのである。「すぐ行け」 と命じた」 「そうですが」 「私たち、こういう者です。 「夏宮病院の院長夫人、綾香さんでいらっしゃいますね? 「瀬戸にこれを渡すよう言ったのです」 そう言って今井のサムネイルを指さした。心のどこを探っても不安はかけらもなく、やがて香織が与えてくれるであろう|愛《あい》|撫《ぶ》に応える精気だけが|漲《みなぎ》っていた。先方さんにも返事のしようがないだろう」 浜田は思い出し笑いのように笑った。
浜田の左手がその首筋のあたりへ這った。|弾《たま》を|装填《そうてん》し車輪を運動させて、まさに砲口を北方にむけようとした。 あとは、通せ、通さぬの押し問答である。 そう考えていって、自分の今日を是認するのである。 すると、これは己の審美の分岐点に長年の妄執《もうしゆう》がこりかたまっていったものか。 そこへ実家の父藤左衛門が、京からきたあの流れ者に殺された。かの油売りの生首こそ、千僧万僧の経よりも供養になるであろう」 「こ、これ」 と、一族の年寄りどもが白雲のひざもとへ這《は》い寄り、袖《そで》をとらえた。古い本には中身だけではなく、本そのものにも物語がある――篠川さんの言葉をしみじみと思い出した。若い頃は古書のコレクターだったからね。時には少し卑怯ではないかと思われる位」〈『近衛文麿』下623〉で西園寺を嘆かせることが多かった。
結果はやっぱり、このときから何となく戦争気分になってきているんだよね。 「君がこの決心を、もっと早くつけてくれたら、時局はこれほどまでに追い込まれなかっただろう。 原田は、九月半ばからまた大磯に引っ込んでいた。 「なぜ戻ってきた」 魔術師は、重い声で問うた。だがその後、自害することも判っていた。星が瞬(またた)いていて、身の引き締まる寒さだった。凍(しば)れた道が日中になると解けて泥んこになり、人々は足をこね回して歩いた。 電単が迫ってくる。 息がつまった。けれど……もしかして、玄霧先生ならそういうのもアリかな、とかわたしは思ってしまった。
「それで話は戻るんだが、生徒たちの口論の内容だ。焼酎と荒い言葉とどんころはヌップの作業場には似合いだった。「北大医学部解剖学教室に、研究資料として保管されているアイヌ民族の人骨資料は、昭和の初めから三十年代前半までの間に、道内各地はもとより旧樺太や千島の墓地から収集されたもので、その総数は千体にも及んでいる。浮きもせず、へこみもせずさ。 「勝てる時には勝っておくものだ。葉は彼女から見れば無口で意固地《いこじ》なところがあり、可愛《かわい》いと思いながらも一言いわなければ気が済まなかった。自分でも気をつけているつもりなのだが、時々ついきつい言い方をしてしまう。
表示ラベル: