收藏

プラダ財布編集

[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】
__null00
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】 
(プラダ) PRADA プラダ 財布 PRADA 1M1132 UZF F0002 SAFF1ANO METAL 長財布 BLACK[並行輸入品]
__70,00000
(プラダ) PRADA プラダ 財布 PRADA 1M1132 UZF F0002 SAFF1ANO METAL 長財布 BLACK[並行輸入品] 
(プラダ)PRADA 二つ折り長財布  1M1225 UZF F0002/SAFFIANO METAL NERO  財布 型押しレザー ブラック[並行輸入品]
__65,00000
(プラダ)PRADA 二つ折り長財布 1M1225 UZF F0002/SAFFIANO METAL NERO  財布 型押しレザー ブラック[並行輸入品] 
(プラダ)PRADA 長財布  1M0506 SAF ORO NERO1/QHH F0632 ラウンドファスナー ロゴプレート 型押しレザー ブラック [並行輸入品]
__69,93000
(プラダ)PRADA 長財布 1M0506 SAF ORO NERO1/QHH F0632 ラウンドファスナー ロゴプレート 型押しレザー ブラック [並行輸入品] 
(プラダ)PRADA プラダ 長財布 PRADA プラダ 財布 二つ折りフラップ リボン サフィアーノ 型押しレザー ペオニアピンク 1M1132 SAF.FIOCCO PEONIA [並行輸入品] (プラダ)PRADA...
__98,00000
(プラダ)PRADA プラダ 長財布 PRADA プラダ 財布 二つ折りフラップ リボン サフィアーノ 型押しレザー ペオニアピンク 1M1132 SAF.FIOCCO PEONIA [並行輸入品] (プラダ)PRADA... 
PRADA(プラダ)1M0506 SAFFIANO COLOR NERO ラウンドファスナー長財布
__null00
PRADA(プラダ)1M0506 SAFFIANO COLOR NERO ラウンドファスナー長財布 
 大親方、大村豊次郎は村田銃を握ったまま水溜りの中に倒れていた。顔は黒く焼けただれ、左肩が砕け、そこから血が滴(したた)り落ちている。  カケスの群がどっと集まってきて、がやがや話しながら飛び回った。オコシップはしばらくの間がやがや声の中に坐っていた。彼は銃身に巻きつけたぼろ切れで顔をぬぐい、あらためてレウカが帰って行った暗黒の空を見上げる。青黒いエレキ雲がまだ残っていた。  カケスの群はヤチダモの樹に止まったり、草藪に下りたりして撃ち合いの跡を確かめているらしかったが、やがて雷雲の中をコタンの方に飛び去った。その後を追うようにして、オコシップはその翌日漁場を辞めて家へ帰った。  大村豊次郎は失神したまま、その日のうちに大津へ運ばれて行った。彼は一週間ほどしてようやく意識を取り戻したが、漁期が終ってもまだひとり歩きは出来なかった。  「このごろの雷には弾丸(たま)が入ってるっちゅうぞ」シテパは腹をかかえて笑い、「これがふんとの、ひょうろく玉よな」と、サケムは跣(はだし)でコタンの上下(かみしも)を走り回った。 23  河口の原っぱには放牧馬が群れていた。氷が融け、野草の若芽が地表を覆っていたが、陽気な春の訪れにはまだ間があった。北風がぷっぷっと吹いて肌寒い日、牛や馬や爺さんたちは背を丸め、風に向かって歩くのである。茅原を通り、榛林を突き抜けてポロヌイ峠の麓まできて止まった。ここには暖かい日溜りとオコシップの家があった。  子供たちは、そのまま立ちん棒をして、この珍しい動物たちを眺めていたが、爺さんはまっすぐオコシップの家へ入って行った。爺さんと思ったのは、皮ころ(皮の上着)を羽織ったサケムの母親リイミ婆だった。  「寒(さぶ)、寒(さぶ)」と言って、皮ころの前をかき合わせ、炉の中に頭を突き差すように座って、「ひどいもんだ」と言った。原っぱも山の中も、みんな馬だらけで、鹿の姿はどこにも見当たらないと言うのだ。  「狐だって、兎だって、山の奥へ逃げちまった」と、ひと足早く遊びにきていた村の世話役ヘンケの女房トレペ婆が濁酒の勢いにのって、つい大声で言った。寒さ払いに、と言われて飲んだ一杯のきつい濁酒に心が弾んだのだ。  「飲んでけれ」と、エシリはリイミ婆にも茶碗に盛り上がるほど注いだ。干鮭(トパ)を火にあぶり、キトビロの漬物を大皿に盛って客人たちに振る舞った。  「西田牧場だけでも、牛馬合わせて五十頭はいるな」ほかに豚が三十頭、それに小作人の菊村、村田、古山の牛馬を加えて山じゅうを跳ねくり回れば、ちょっとした地震が起こる、とリイミ婆は体をぐらぐら前後に動かして言った。  「たった四、五年でな、開いた口もふさがらねえ」と、トレペ婆はほんとに口をあんぐり開けている。  西田徳太郎はこの数年間、秋になると、日高の新冠(にいかつぷ)牧場へ出かけては南部馬を買いつけてきた。黒っぽい馬、赤っぽい馬、黒赤のまじった馬、彼が新冠から帰ってきた後には、いつも毛色の変った馬が走り回っていた。  「野山を牛馬で埋めつくしてみせる」
表示ラベル: