長財布レディース専門店,人気ブラ ンド 長財 布,長財布レディース適する何年齢_何を買って長財布レディースブランドがいい Vítejte


2015-02-05 08:40    長財布レディース
親「じゃァこうしましょう。私はアノ次ので我慢しましよう。若い衆さん」 若「ヘエ」 親「アノ上を張ってる花魁《おいらん》はなんというんだ」 若「エー上の花魁は籬《ませがき》さんとおっしゃいます」 親「いよいよお寺だ。なんぼ客が坊主だって、籬さんとはうめえ名を付けたもんだ。その次は」 若「お次は溝萩《みぞはぎ》さんとおっしゃいます」 親「いやだぜ、冗談じゃァねえ、盆みたようだなおめえンとこは、むこうが籬、その次が溝萩、こっちに蓮《はす》の飯《い》さんだろう」 若「恐れ入ります。どうぞおあがりを……ありがとうございます。ヘエおあがりだよ」  トントントン広いはしごをあがって引き付けへ通るまでが身上《しんじょう》だそうで、こっちへというので引き付けの座敷へ入る。籬に溝萩の二人がドタン、バッタン、ドタンバッタンあがって来る。幸いお座敷もあいてるので初会からポンと籬の座敷へ入る。 親「食い物をドシドシ持ってきな」  といろいろな物を取り寄せて、行き渡るものは行き渡ってしまい、ちょっと器用の遊びをしているうちに、あまり酒のよくない人でございますから、下地のあるところへまたつぎ込んで十分に酔ったからたまらない。向こうで女郎が耳こすりなぞする奴を見ると、 女「いいよそれでも、この在方《ざいかた》から来る角蔵《かくぞう》という奴があるんだよ、こいつのところへさっき使いをやっておいたから、たぶん来るだろうと思う、それが来れば二十や三十のお金はどうかなるだろうと思う、マアとにかく半ちゃん、十両出すと決めておくれな」 半「アアそりゃァいいとも」 若「エーおすみさんえ」 女「なんだよ」 若「イエちょっとお顔を」 すみ「なんだい」