クロエエルシーショルダーバッグ
null
null 両手を血に染めた、弓塚の姿。 「——————く」  思い出すだけで寒気が走る。  傷口を庇うように立ちあがって、部屋に戻ることにした。  着替えて、ベッドに倒れこんだ。  まぶたを閉じると路地裏での光景が浮かんでくる。 ———わたしが、その人たちを殺したんだよ。