(MIUMIU)ミュウミュウ 財布コピー 新作レザー リボン スタッズ ペタロピンク 5M1109
null
null 陽子は、徹と二人だけで連れ立って歩きたくはなかった。が、あまり無下に断ることもできない。 「じゃ、ちょっと着替えるわね」  徹は一足先に外に出て、陽子を待った。空が青い。芽吹きはじめた庭木のかげに、黄色い水仙のひと群れが見える。徹はたばこをくわえたまま、下宿の前をぶらついていた。と、電車通りのほうから歩いてくる学生が目に入った。達哉だった。とっさに徹は達哉に背を向けて歩いていた。  自分が陽子の家族と知られるのは、まずいと思った。恵子を見舞った時、既に達哉はうさんくさそうに自分を見ていたのだ。 (陽子を訪ねてきたのではないか!?)  徹は不安になった。下宿から三十メートルほど離れてクリスチャンセンターの門があった。徹は、その陰にかくれるようにして、そっとうかがった。果たして、達哉は陽子の下宿の前に立って、上着のポケットに手を入れたまま、陽子の部屋の窓を見上げている。 (今に陽子が出て来る!)  そう思う間もなく、陽子の出て来るのが見えた。 「兄と出かけるところですの。あら、兄はどこかしら?」  そういっているにちがいない。陽子は左右を見た。 「達哉は幸い辻口さんのお名前を記憶していませんでしたわ。それで少しほっとしましたけど」  昨夜の恵子の言葉を思い出しながらも、徹は二人のようすを動悸して見つめていた。  陽子はなおもあたりを見まわしている。 「変ねえ」  とでも、いっているのだろう。首を傾けてから、陽子は電車通りのほうを指さした。二人は並んで歩き出した。二人の間に、人が一人入るぐらいの間隔がある。 (休日にわざわざ小樽から訪ねて来たのか)  徹は、達哉の陽子に対する関心の度合いを、知ったような気がした。  二人は一丁ほど行って交差点に出た。交差点を仲よく左に渡って行く。渡った角は食料品店だ。たばこの看板が出ている。そこで立ちどまった陽子が、傍の達哉にちょっと片手を上げた。達哉も片手を上げ、交差点を逆戻りして、駅のほうに歩いて行った。札幌駅の北口が、そこから二丁ほどの所にある。