miumiu 財布 激安
null
null  翡翠に言われて、琥珀さんはきょろきょろとあたりを見渡す。  ……幸い秋葉の姿はなく、琥珀さんはホッと息をついた。 「志貴さん!」 「あ、はい、なんでしょう」 「………今のお話は、ないしょです」  琥珀さんはぐっ、とこっちの手を握ってくる。 「あ、うん———秋葉には言わないよ」 「はい、ありがとうございます」  ほう、と胸を撫で下ろす琥珀さん。  よっぽど秋葉に離れの屋敷の話は禁じられていたのだろう。