プラダ財布新作メーカー_網_ルイヴィトンカバン新作 モールプラダ財布新作,プラダ財布新作製品はどう Vítejte


2015-02-01 01:22    プラダ財布新作
 浜蔵はまだすこし腑《ふ》におちぬところがあるようだ。 「まだよくはわからない。けれども、女あそびは人柄の埒外《らちがい》というからね。本人にあたってみるしかないさ」  おえんと浜蔵は相生町の目ぬき通りをぶらぶらとあるいて、山形屋の近所を観察した。けっこう大店《おおだな》や老|舗《しにせ》が目についた。  一筋奥に入ると、しずかなしもた屋や町家がならんでいる。しばらくいくと、かなり長い石段があり、その上に神社がある。石段は〈相生神社〉の参道であり、むこうの道との通りぬけにもなっているようだ。  浜蔵が石段の五六段めに腰をおろした。  おえんもならんで腰をおろした。  二人の横を通行人がのぼりおりしていった。  見るともなくそれをながめていた。  しばらくたったころ、肩幅のひろいがっちりした中年の男が石段をおりていった。  その男は法被《はつぴ》を羽織っており、その背中に」形の屋号が染めぬいてある。  おえんと浜蔵は顔を見合わせた。 (山形屋時三郎!)  二人は目と目でいった。 「もし、山形屋さん」  おえんはとっさに言葉をかけた。  その男が足をとめてふりむいた。 「山形屋時三郎さん、でございますか」  おえんは言葉をつづけた。