miumiuエナメルリボン長財布の製品はどう,財布 ブランド miumiuエナメルリボン長財布オファー,miumiuエナメルリボン長財布どのように Vítejte


2015-02-01 01:21    miumiuエナメルリボン長財布
「そうそう、それです」 「んぁ?」  AIの声が頭に響く。  感覚的にはヘッドホンをつけて声を聞いているかのようだ。  もしくは、映画館で背後から音が響いてくるかのよう。  なんともいえない不思議な感じがする。このAIがいることには慣れたが、この感覚に慣れる日はなかなかこないだろう。 「早く慣れてください。ってそうではなく、その呼び方です。AIという呼び方は何とかならないんですか?」 「普通、そんなことを気に止めるやつはいないだろう。お前はどう考えてもAIだ」 「なら、あなたは、『よっ、人間』といわれてうれしいですか?」 「そ、それは………」  確かにうれしいかどうか聞かれると、全力でうれしくないだろう。  それは間違いない。 「ならば、何か呼称を下さい」 「壊してやろうか?」 「その故障じゃありません。しかも壊したらそれは損壊です。故障じゃありません………って、話をそらさないで下さい。呼称です」 「くしゃみが」 「胡椒でもありません。ちなみに湖沼でもないですからね」 「じゃあ湖とぬま………って、先取りするなよ!」