收藏

miumiu 公式編集

カジュアル 財布 メンズ 二つ折り 焦茶 黒 エンボス焦茶 エンボス黒
__2,980 - 4,63000
カジュアル 財布 メンズ 二つ折り 焦茶 黒 エンボス焦茶 エンボス黒 
おしゃれ 腕時計 メンズ カラフル 青 白 緑 橙 黄 赤
__2,99000
おしゃれ 腕時計 メンズ カラフル 青 白 緑 橙 黄 赤 
ダンス スウェット パンツ 七分 サルエル グレー レッド ブラック ホワイト
__1,147 - 2,50000
ダンス スウェット パンツ 七分 サルエル グレー レッド ブラック ホワイト 
快適 タンクトップ メンズ ボーダー ブラック グリーン レッド ホワイト ブルー パープル
__2,08000
快適 タンクトップ メンズ ボーダー ブラック グリーン レッド ホワイト ブルー パープル 
【ノーブランド】シンプル ニット メンズ セーター 長袖
__1,579 - 3,00000
【ノーブランド】シンプル ニット メンズ セーター 長袖 
ストリート サルエル メンズ スウェット 焦茶 黒 赤 緑 灰 濃灰 青 紫
__3,58000
ストリート サルエル メンズ スウェット 焦茶 黒 赤 緑 灰 濃灰 青 紫 
(男の人って、もっと一途《いちず》なのかと思っていたのに——)  身勝手だけれど、詩織はその点で浅見に不満を感じ、その不満がいつまでもしこりのように胸に残った。     4  浅見の「宿題」はしかし、なかなか難しい問題であった。いくら精神を集中してみても、記憶の闇《やみ》の中に光は見つからない。  浅見からは連日、記憶を呼び覚ましたかどうか、訊いてくる。そのつど詩織は、出来の悪い生徒のように、ひたすら電話に向かって頭を下げるばかりだ。浅見は笑っているけれど、内心、苛立《いらだ》たしい気持ちを抑えているのは、彼の口調から感じ取れた。  浅見も焦っているのだ、と詩織は思った。 (なぜそんなに焦るの?——)  そのことが疑問になるくらい、浅見は詩織の記憶に期待している。その気配をひしひしと感じた。  四日目の午後、ふいに川根部長刑事が寺沢家を訪れた。例によって少し若い刑事を連れている。 「突然お邪魔します」  川根は無骨に頭を下げた。そういえば、刑事は電話で在宅を確かめたりはしないものらしい。こっちはフリーターだからいいようなものの、もし留守がちな家だったら、しょっちゅう無駄足を踏むことになるのに——と、詩織は迷惑の裏返しのように、そう思った。  それに、こんなふうに不意打ちを食らわされるのでは、浅見に来てもらうタイミングも、考えなければならない。 「野木さんの事件ですが、なかなか難しいようですな」  応接室に収まると、川根はまずその話題を持ち出した。
表示ラベル: