miumiu財布二つ折りがま口ブランド専売,gucci二つ折りメンズ|買ってmiumiu財布二つ折りがま口贈り物_買ってmiumiu財布二つ折りがま口どのサイト Vítejte


2015-01-31 02:16    miumiu財布二つ折りがま口
 心臓の弱い通が大きな声で、しかし息を切らしながら読むのを、かつみも松代も悦子も、そして四歳の寿郎までもが、うなずきうなずき聞いていた。実は松代だって、よくはわからぬ言葉が多い。だが、とにかく兄の保郎のことが書いてあるというのだ。みんな耳を澄まして、神妙に聞いた。ためゑも飯台のそばに来て、栄次を膝に置きながら聞いた。通が子供たちの前で新聞を読んで聞かすことなど、めったにない。誰もが改まった顔になった。肝腎の保郎は朝の仕入れに行っていて、いつもならもう帰る筈だ。  読み終わって通が言った。 「ふーん、新聞でほめられよったか」  通は満足げにみんなの顔を見渡した。 「兄ちゃん、何したん、お母ちゃん?」  一年生の悦子が尋ねた。ためゑが言った。 「あんなあ、兄ちゃんがお友だちとなあ、人さんのために役に立つ会をつくってな、その会長になったんやって」  ためゑが優しく言った時、店の前に自転車のスタンドを立てる音がした。 「あ、兄ちゃんや!」  寿郎が叫び、かつみと松代が飛び出して行った。 「新聞……」「お父ちゃん……」「兄ちゃんえらいなあ」  保郎に何か言うかつみと松代の声がする。 「只今」  照れ臭そうな顔をして、保郎が入って来た。 「ああ、ご苦労さま」  ためゑが優しくねぎらった。保郎は急いで手を洗い、いつもと同じように、神棚に供える飯を盛りつけ始めた。この飯が十八の神棚に供えられない限り、家族は朝飯にありつけないのだ。言ってみれば、この保郎の役目は神聖な役目なので、盛りつけから供え終わるまで、本人も口をきかず、他の者も言葉をかけない。みんなは、ひと時も早く保郎に声をかけたくて、じっとその手もとを見ている。かつみと松代が、ちろっと目を合わせて、小さくうなずき合う。その松代の目が寿郎に行く。寿郎は保郎を見つめたままだ。通が天井の一画を眺めている。その目に微笑がある。終始変わらぬのが、母のためゑだけだ。栄次ひとりが、「うま、うま」と、小さな手をこすったり、叩いたりしている。保郎がそれぞれの神棚に飯を供えて、柏《かしわ》手《で》を打って廻った。最後に、台所のへっついの荒神さんに柏手を打ち終わった途端、かつみが言った。 「兄ちゃん、えらいなあ、なあお父ちゃん」  それには答えず、通が口をひらいた。