miumiu 財布 2つ折り良いで_miumiu財布2つ折り,miumiu 財布 2つ折りどのタイプがいい,miumiu 財布 2つ折り包郵 Vítejte


2015-01-30 21:23    miumiu 財布 2つ折り
 レオナルドがもっともらしく前置きする。 「ガッフーリオは、クラリーチェ・バロッタの肖像画を画家に依頼していた。だが、その絵が完成するよりも先に、二人が別れてしまったのだと想像してみる」 「うむ」 「やがてガッフーリオには新しい愛人ができ、彼女になにか贈り物をしたいと考える。そして、ガッフーリオの手元には、一枚の未完成の肖像画がある。その肖像画を贈るべき相手はすでにいない。そして新しい愛人は、その肖像画の主と良く似ていた——」  レオナルドは、そこで悪戯《いたずら》っぽい笑みを浮かべた。 「いくら未完成とはいえ、画家にはすでに相当の経費を支払っているだろう。新しい肖像画を注文するとなると、さらに出費はかさむことになる。だが、画家に絵の手直しを依頼するだけなら、それよりは安くつくはずだ。画家としても、少々手を加えるだけで、本来なら陽の目を見ることのなかった作品を、世に送り出すことができるようになるというわけだ」 「お互いに悪い取引ではない、というわけか……なるほどな」  感心して、ルドヴィコはうなずいた。しかしチェチリアは、不満げに頬を膨らませて言った。 「ですが、それでは女性に対して、あまりにも失礼ではありませんか」  ルドヴィコは、なぜか後ろめたい気分になって訊き返す。 「それは、本来の絵の主題であるクラリーチェ嬢に対して失礼ということか。それとも、それを贈られるキアーラ嬢に対して——」 「どちらに対してもです」  強い口調でチェチリアが言い、ルドヴィコは気まずげに肩を落とした。 「キアーラ嬢は、おそらく、そのあたりのことは知らされていなかったのだろうね。最初から自分のためだけに描かれたものだと思っていたはずだ」  苦笑しながら、レオナルドが続けた。 「しかしクラリーチェ嬢のほうは、すべて了解していたはずだ。ガッフーリオが事前に話をつけていたのだろう。彼女としても、別れた愛人から未完成の肖像画をもらっても困るだけだからね。いくらかの見返りは要求したかもしれないが、少なくとも、そのことを恨んではいなかった」 「——なぜ、そんなことが言い切れる?」  ルドヴィコが不審そうに訊き返す。レオナルドは冷ややかに即答した。

最新情報

ランキング